1. TOP
  2. 矯正コラム
  3. マウスピース矯正
  4. マウスピース矯正は保険適用外が基本~適用されるケースは?~

矯正コラム
マウスピース矯正は保険適用外が基本~適用されるケースは?~

矯正治療を受けるかどうか検討するにあたって、特に気になることの1つが費用面ではないでしょうか。マウスピース矯正は基本的に健康保険の適用外で、自由診療となるケースがほとんどです。

今回は、マウスピース矯正で保険が適用されるケースはあるのか、また、自由診療の場合の費用相場や、費用を抑える方法などを説明します。

マウスピース矯正は保険適用されず自由診療が基本です

日本では国民皆保険制度が導入されているため、国民は社会保険や国民健康保険など、何らかの健康保険に加入しています。歯科に限らず、国が定めた疾患についてはこの保険が適用されますが、矯正治療は「歯並びを良くする」という審美目的が主体となるため、自由診療に分類され、基本的には保険は適用されません。マウスピース矯正も、もちろん同様に保険適用されません。

保険が適用されれば、治療費のうち患者様の自己負担の割合は1割~3割で済みますが、自由診療は治療にかかるすべての費用(10割)が患者様の負担となります。

矯正治療で保険適用されるケース

マウスピース矯正が対象というわけではありませんが、矯正治療について保険が適用されるケースも実はあります。

日本矯正歯科学会「矯正歯科治療が保険診療の適用になる場合とは」のページによれば、下記の場合に限り、矯正歯科治療が保険診療の対象となります。

1.「別に厚生労働大臣が定める疾患」に起因した咬合異常に対する矯正歯科治療

2.前歯及び小臼歯の永久歯のうち3歯以上の萌出不全に起因した咬合異常(埋伏歯開窓術を必要とするものに限る。)に対する矯正歯科治療

3.顎変形症(顎離断等の手術を必要とするものに限る)の手術前・後の矯正歯科治療

このように、原因となる疾患や状態によって決まります。
なお、これら保険適用される矯正歯科治療を行える医療機関は、厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生(支)局長に届け出た保険医療機関のみになります。

つまり、上記に挙げたような国が定める疾患に該当し、かつ、認可を受けた保険医療機関で治療を受ける場合のみ、矯正治療に健康保険が適用されます。

マウスピース矯正はいくらくらい? 費用負担を抑える方法は?

マウスピース矯正にかかる費用は、現在世界の主流となっている「インビザライン」という方法を用いて、当院(渋谷F&B矯正歯科・東京)で治療した場合、450,000円(税込495,000円)〜750,000円(税込825,000円)程度が目安です。

このマウスピース矯正費用を抑える方法として、以下の2通りが考えられます。

マウスピース矯正の種類を選ぶ

米国発祥のインビザラインは、日本で採取した歯型をもとに、米国でマウスピースを作成し、軽度から重度まで複雑な症例にも幅広く対応できる矯正手法です。しかし、軽度から中度までの矯正であれば、日本で開発されたhanaravi(ハナラビ)という方法を選ぶこともできます。hanaravi(ハナラビ)は日本でマウスピースをすべて作成する上、通院回数も少ないため、全体のコストパフォーマンスが高いことが特徴です。

渋谷F&B矯正歯科・東京でhanaravi(ハナラビ)を用いて治療した場合の矯正治療費用は、300,000円(税込330,000円)~600,000円(税込660,000円)、ワイヤー矯正を併用した場合で800,000円(税込880,000円)とインビザラインよりも低く設定されています。 たとえば、人目に付きやすい前歯の出っ歯、すきっ歯などを部分的に治したいなど、治療範囲が小さい場合には、このhanaravi(ハナラビ)を利用すれば、矯正治療費用を抑えられる可能性もあります。ご自身の症例と適合するかは、歯科医師にご相談ください。

デンタルローンを利用する

治療費用そのものを安く抑えるわけではありませんが、1回の支払負担を軽減するために、デンタルローンを活用する方法もあります。

デンタルローンとは、利用目的が歯科治療に限定されたローンのことで、ローン会社が矯正費用を一括で立替えて歯科医院に支払い、患者様はローン会社に分割で返済する仕組みです。デンタルローンのメリットは、一般的なカードローンなどに比較して金利が安い点です。ただし、デンタルローンは、ローン会社と提携している歯科医院でなければ利用することはできません。渋谷F&B矯正歯科・東京ではこのデンタルローンをご利用頂くことができ、最大で84回までの分割払いが可能です。

また、デンタルローン以外で、クレジットカードで分割やボーナス払いでお支払いいただくこともできます。

保険適用されない矯正治療における注意点とは

健康保険が適用されない矯正治療では、途中で費用を支払えなくなり、治療が中途半端に終わってしまうことは避けたい事態です。

そのため、治療終了までにかかる総額、内訳などは事前に納得のいくまで確かめましょう。マウスピース矯正費用は歯科医院によってばらつきがありますが、相場よりも極端に安い場合は、検査料や調整料などが後から追加され、最終的に思ったよりも高額になってしまうケースもあります。提示された費用に何が含まれているかは、治療開始前にきちんと確認することが重要です。

渋谷F&B矯正歯科・東京ではトータルフィー制度を採用しています。
トータルフィーとはマウスピース作成料のほか、通常の矯正治療では別途発生する費用(調整料、追加費用、保定料)を料金の中に含めたものです。基本的に治療開始前にご提案した費用以外に、別途費用は発生しませんので、安心してご利用頂けます。

マウスピース矯正は、基本的に保険が適用されず、自由診療となります。矯正費用については歯科医院でよく確認し、治療を検討してみてください。

無料初診
カウンセリング

渋谷F&B矯正歯科・東京での初診相談は無料です。口腔内を診査した上で、歯並びについてどのような悩みをお持ちかお聞きします。治療方法をいくつか提示し、かかる費用や期間についても丁寧に説明いたします。気になることは遠慮せず質問してください。

この記事をシェアする

この記事のカテゴリー

この記事の関連タグ

関連するおすすめ記事

カテゴリー

よく読まれている記事

関連タグ