1. TOP
  2. 矯正コラム
  3. マウスピース矯正
  4. 市販のマウスピースを使っての歯列矯正は可能?

矯正コラム
市販のマウスピースを使っての歯列矯正は可能?

歯列矯正を検討する際に、「通院せず、自分で手軽に矯正できる方法はないかな」と考える方もおられるかもしれません。

市販されているマウスピースの商品の中には、自分で軽度の歯列矯正もできるような表現をしているものもあります。しかし、こうした市販のマウスピースを使って歯列矯正をすることは可能なのでしょうか? 結論からいうとおすすめはできません。その理由や、実際にはどのような治療が望ましいのかなどについて解説します。

市販のマウスピースでの歯列矯正は可能?

市販のマウスピースに、歯を移動させ、矯正する効果は、ほとんどないと考えられます。
歯科医師の指導がないまま、矯正目的で歯並びに合わないマウスピースを装着することは、歯に負担をかけ、逆に歯の健康を害するリスクすらあり、おすすめしません。

一般的に「マウスピース矯正」と呼ばれるものは、歯科医師による治療計画に基づいてオーダーメイドでマウスピースを作成し、さらに定期的なチェックを受けながらそれを装着して行う治療を指しています。基本的に、個人が簡単に入手できる市販のマウスピースで歯列矯正をすることはできません。

市販のマウスピースは歯ぎしり防止用がほとんど

それでは、市販のマウスピースは何のために使われるものなのでしょうか。

現在流通している市販のマウスピースのほとんどは、歯ぎしりや食いしばりの防止用です。
歯ぎしりは、治療した歯の詰め物や健康な歯を破損・摩耗させるだけではなく、頭痛や肩こり、あごの痛みなどの原因となることもあります。さらには近くで寝ている人の睡眠も妨害しかねません。こうした、多方面に悪影響のある歯ぎしりを軽減するためのマウスピースが多く市販されています。ですが、歯ぎしり防止用のマウスピースでも、歯科医院で作成されることをおすすめします。

その他、いびきを防ぐために気道を広げる効果があるとするマウスピースや、激しいスポーツをする際に歯をガードするために使用されるマウスピースもあります。

このように、市販のマウスピースは基本的に人間の健康を保護するためのものであり、矯正には利用できないと考えたほうが良いでしょう。

マウスピース矯正は矯正歯科での治療がおすすめ

マウスピースを用いた矯正は、矯正歯科で歯列矯正の知識を得た歯科医師の指導のもとで行うことをおすすめします。矯正歯科で治療を行う利点としては、以下の内容が挙げられます。

患者様の歯型に合った精巧なマウスピースを作製

矯正歯科で作るマウスピースは、患者様ひとりひとりに合わせた完全オーダーメイドです。また、コンピューターシミュレーションを利用した歯型採取の導入により、患者様の負担を抑えながら、さらに精巧さを増したマウスピースの作成を可能にしています。

治療では、複数個のマウスピースを使用しますが、治療開始から完了まで、段階毎に作成するすべてのマウスピースをオーダーメイドで作成し、確実な矯正治療を可能にしています。

通院により歯科医師が状況を確認しながら調整

矯正歯科でのマウスピース矯正では、通院による歯科医師のチェックが欠かせません。通院により、歯科医師が歯列の状況を見ながら細かい調整を行うことで、治療の効果を上げることができます。

また、矯正用のマウスピースは長時間装着するため、使い方などによってはトラブルが起こる可能性もあります。定期的な通院はこうしたトラブルも早期に発見、対応するという役割もあるのです。

矯正歯科でのマウスピースにはどんな種類がある?

当院(渋谷F&B矯正歯科・東京)で受けられるマウスピース矯正には、大きく分けて2つの種類があります。参考にご紹介しましょう。

インビザライン

インビザラインで使用されるマウスピースの製造は米国アラインテクノロジー社が行っています。世界100カ国以上の国々で提供されている実績・信頼のあるメーカーです。

インビザラインは、嚙み合わせが悪いなど、お口の健康機能に影響するような症状をはじめ、軽度から重度まで、お口全体の複雑な症例にも対応できることが特徴です(症状によっては対応できないこともあります)。インビザラインのマウスピースの素材は、薄さ0.5mm程度のポリウレタン製で、見た目にも目立ちません。また、弾性があり装着感が良いため、歯茎などを傷める心配もほとんどなく、矯正期間中の生活を快適に過ごすことができるでしょう。

hanaravi(ハナラビ)

hanaravi(ハナラビ)は、日本で開発された、主に審美的な改善を目的とした矯正治療です。インビザラインと比較すると治療可能な範囲は限られますが、人目に付きやすい範囲の出っ歯、すきっ歯などを部分的に治したいなど、軽度から中程度までの矯正に向いた治療方法です。

hanaravi(ハナラビ)で使用されるマウスピースは、日本国内で製造されており、透明で軽量な樹脂を素材としています。このマウスピースはコストパフォーマンスにも優れ、見た目もほとんど違和感がありません。また、全体の通院回数も少なく済むため、患者様の負荷を減らせる矯正方法です。

歯列矯正は、歯科医院で適切な治療計画に基づいて行わないと、かえって歯の健康を損ねる恐れもあります。独自の判断で、市販のマウスピースを購入して済ませるのではなく、矯正歯科での正しい治療をご検討ください。

無料初診
カウンセリング

渋谷F&B矯正歯科・東京での初診相談は無料です。口腔内を診査した上で、歯並びについてどのような悩みをお持ちかお聞きします。治療方法をいくつか提示し、かかる費用や期間についても丁寧に説明いたします。気になることは遠慮せず質問してください。

この記事をシェアする

この記事のカテゴリー

この記事の関連タグ

関連するおすすめ記事

カテゴリー

よく読まれている記事

関連タグ